メリノウール製品の正しい洗濯方法とは?洗濯機や手洗いの方法や洗濯頻度について紹介

2024.03.04
メリノウール製品の正しい洗濯方法とは?洗濯機や手洗いの方法や洗濯頻度について紹介

「メリノウール製品を洗いたいけど、ウール素材だからどうやって洗えばいいのか知りたい」とお考えではないでしょうか?メリノウール製品を他の服と同様に洗濯すると、縮んでダメになってしまったということはよくあることです。

メリノウールは熱に弱いため、出力が強めの乾燥器にかけてしまうと縮んでしまいますので、自然乾燥をしなければなりません。このようにメリノウール製品の洗濯にはいくつかポイントがあります。

この記事では、洗濯機を使用した方法と手洗いの方法の2つの洗濯方法について紹介します!また、気になる洗濯頻度についても紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

まずは、洗濯表示を確認しましょう

洗濯をする前に、製品の洗濯表示を確認しましょう。洗濯表示は洗濯機使用の可否や手洗いの方法、使用できる温度、ドライクリーニングの可否などを示しています。

本記事では、メリノウール製品の洗濯方法を紹介しておりますが、製品によってはそもそも洗濯機の使用がNGのこともありますので、洗濯表示の確認は必ずしてください。

洗濯表示の記号について

c-one 商品の洗濯表示

家庭で洗濯する場合、洗濯表示の記号は「洗濯処理記号」「漂白処理記号」「アイロン処理記号」「乾燥処理記号」「クリーニング処理記号」の5つが存在します。それぞれ、表示については消費庁が公開しているため、お持ちのメリノウール製品の洗濯表示と照らし合わせてご確認ください。

参考:消費庁|新しい洗濯表示

メリノウール製品の洗濯方法【洗濯機編】

ここでは、洗濯機でのメリノウール製品の洗濯方法を紹介します。

STEP1:洗濯物を裏返して洗濯ネットに入れる

洗濯物を裏返して洗濯ネットに入れる

洗濯機で洗う前に、製品を裏返して洗濯ネットに入れましょう。裏返すことで表面を保護し、毛羽立ちや引っかかりを防ぐことができます。

STEP2:水&ウール用洗剤を使う

水&ウール用洗剤を使う

メリノウールは熱に弱く、お湯で洗濯すると縮む可能性があります。そのため、水または30℃以下のぬるま湯での洗濯をおすすめいたします。また、ウール用の洗剤(おしゃれ着用洗剤でもOK)を用意し、適切な量を使用します。強力な洗剤や漂白剤は避け、優しく洗うことが大切です。

STEP3:洗濯モードを「手洗い」 or 「ウール専用」

洗濯モードを「手洗い」 or 「ウール専用」

洗濯機の設定を手洗いモードまたはウール専用モードに設定します。通常の洗濯モードでは、洗濯機の回転や摩擦が激しいため、メリノウールの繊維が傷付く恐れがあります。手洗いモードやウール専用モードでは、より優しい洗い方ができるため、製品の形状や質感を保ちながら洗うことができます。

STEP4:風通しのいい場所で干す

風通しのいい場所で干す

洗濯が終わったら、風通しの良い場所で干します。直射日光を避け、製品が自然に乾くようにします。これにより、製品の形状や質感を保ち、より長く愛用することができます。

また、干す際は太めのハンガーに掛けて乾かすことがおすすめです。ワイヤーハンガーは型崩れの恐れがありますので、ご注意ください。

メリノウール製品の洗濯方法【手洗い編】

ここでは、手洗いでのメリノウール製品の洗濯方法を紹介します。

STEP1:洗面器に30度以下の洗浄液を作る

洗面器に30度以下の洗浄液を作る

洗面器に水を張り、30度以下のぬるま湯を用意します。洗剤を適量加えて、洗浄液を作ります。

STEP2:洗濯物を裏返しにして畳んで、軽く押し洗する

洗濯物を裏返しにして畳んで、軽く押し洗する

裏返しにして、洗浄液に浸します。優しく軽く押し洗いし、汚れを取り除きます。摩擦を避けるようにし、製品を傷つけないように注意しましょう。

STEP3:汚れが落ちたら水を変えてすすぐ

汚れが落ちたら水を変えてすすぐ

汚れが落ちたら、洗面器の水を入れ替えて、製品を丁寧にすすぎます。残った洗剤を洗い流し、綺麗な水で服を洗い流します。

STEP4:仕上げに水に溶かした柔軟剤をウールに含ませる

仕上げに水に溶かした柔軟剤をウールに含ませる

最後に、柔軟剤をおすすめいたします。水または30℃以下のぬるま湯に溶かし、洗ったウールを数分付けたあと、すすぎを十分に行ってください。

柔軟剤は、シャンプーの後にリンスをしてキューティクルを整えるのと同じように、ウールの繊維を整える役割があります。

STEP5:畳んだまま洗濯ネットに入れて、洗濯機で脱水する

畳んだまま洗濯ネットに入れて、洗濯機で脱水する

製品を畳んだまま洗濯ネットに入れ、洗濯機で脱水します。脱水の際は、優しい回転速度(低速回転)を選択しましょう。回転が強いと繊維を傷つける可能性があります。

また、洗濯機に入れる前に、手で絞らないようにしてください。繊維が傷付く原因になります。

あるいは、大きめのタオルの上に製品を置き、端からくるくると巻いてタオルで水分を吸収させると、より丁寧な仕上がりになり製品が長持ちします。

STEP6:風通しのいい場所で干す

風通しのいい場所で干す

STEP6は洗濯機を使用した方法と一緒です。洗濯後は、直射日光を避け、風通しの良い場所で干しましょう。太めのハンガーに掛けて乾かすことがおすすめです。

メリノウール製品の洗濯頻度について

メリノウールは天然の抗菌性を持ち、雑菌や臭いの原因となる細菌の繁殖を抑制する効果があるため、基本的には頻繁に洗濯する必要はありません。

ただし、着用する箇所によっては洗濯頻度を変えなければなりません。ここでは、いくつか例をあげて紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

Tシャツ、ワイシャツ

Tシャツやワイシャツなどは、着用後1〜2回の使用で洗濯を行いましょう。ただし、汗をかいたり汚れた部分がある場合は、そのたびに洗濯することをおすすめします。

セーター、カーディガン

セーター、カーディガンなどは、通常5〜10回の使用で洗濯を行いましょう。セーター、カーディガンなどは直接肌に触れる範囲が狭く、汗や体臭が染み込みにくいです。

そのため、頻繁な洗濯は必要ありません。日頃のお手入れとして、汚れた箇所を濡れタオルで拭き取ったり、ブラシでホコリを払い落したりして、清潔に保ちましょう。

毛布

毛布は頻繁に洗濯する必要がないため、月に1〜2回の洗濯を行いましょう。ただし、汚れや臭いが気になる、アレルギー症状が出る等の場合は週に1〜2回の洗濯を行うと良いでしょう。その他、季節の変わり目に洗濯するタイミングのひとつです。

靴下、下着

靴下や下着などの肌に密着するものは、毎日の着用後に洗濯を行いましょう。特に足や体の汗を吸収する部分は菌が繁殖しやすいため、清潔を保つために頻繁な洗濯が必要です。洗濯後は風通しの良い場所で十分に乾燥させ、衛生的な状態を保ちましょう。

C-one取扱いのおすすめのメリノウールTシャツを紹介

ここでは、C-one取扱いのおすすめのメリノウールTシャツを紹介いたします。気になる商品がありましたら、ぜひ商品ページをご覧ください。

C FLEX ウールTシャツ

C FLEX ウールTシャツ

袖の形状が腕を動かしやすくストレスフリーでフレキシブルなデザインを表現し、ウール素材で快適さも追求したTシャツ。

一般的なTシャツよりも腕や体の動きに柔軟に対応してくれる革新的なデザインです。特殊な形状により、通常のTシャツよりも腕を動かしやすく、自由自在な動きが可能になります。

さらに、独自の縫製技術により、ストレスのない着心地を実現し、快適な時間を過ごすことができます。C FLEX Tシャツは、高級ウール素材を使用し、日本製で品質にもこだわったC-oneブランドの代表的な商品です。

商品購入はこちら

C BASIC ウールTシャツ

C BASIC ウールTシャツ

天然の温度調節ができるファインメリノウール100%の半袖Tシャツ。

カラーバリエーションが全部で5色(ダークネイビー、ロイヤルブルー、ラベンダー、ライトピンク、ダークブラウン)のカラー展開。どんな場面でも合わせることができるTシャツです。メンズ、レディースにこだわらないユニセックスデザイン。

商品購入はこちら

C HIGH END ウールTシャツ

C HIGH END ウールTシャツ

C HIGH END ウールTシャツは、ジャケットを着用する際にも肌にジャケットが接触しないように、襟周りが高めにデザインされた日本製のアイテムです。

従来のTシャツと比較して、襟への擦れや違和感を軽減することができます。また、上質なファインメリノウールを使用しているため、肌触りが滑らかで、通気性も良く、蒸れにくい素材となっています。

夏場でも快適に着用することができます。日本の職人の手によって作られたこのTシャツは、高品質であり、ジャケットとの相性も良く、ビジネスシーンからカジュアルまで幅広く活躍することができます。

商品購入はこちら

まとめ

メリノウール製品の洗濯は、洗濯表示を確認し、適切な洗剤と方法で行うことが重要です。

洗濯機や手洗いによる洗濯方法や、洗濯頻度について理解し、製品を長く愛用するための手入れを行いましょう。適切な手入れをすることで、製品の品質や機能を保ち、快適な着用感を長く楽しむことができるでしょう。

一覧に戻る
  • TOP
  • TIPS
  • メリノウール製品の正しい洗濯方法とは?洗濯機や手洗いの方法や洗濯頻度について紹介